2013年4月 4日 (木)

こうほうさい2日目

こんにちは!
2回生の太田です。こうほうさい2日目が終了しました。


実はブログを書くのが人生初でして、緊張しますね。


2日目は本当はCDJを使ってDJをする予定でしたが、電気が流れてこない等のトラブルもあって残念ながらできませんでした。3日目はもしかしたらできるかも・・・・・!!!!!


最近の京大軽音ではDJの動きが少しではありますが活発になってきてまして、ターンテーブルの購入も検討されているとか。楽しみですね~
もちろんそれ以外の活動も行われています!京大軽音には様々なバンドが所属していまして、自分たちで曲を作ったり、精力的にライブ活動を行っているバンドもいます。また、ジャズのビッグバンドも所有していまして、こちらの方もライブをたくさん行っています。とにかく様々なバンドがいるってことです!!!


詳しくは説明会や新歓ライブに行くとわかりますよ~
チラシに日程が書かれていますが、こちらのブログでもまた後日発表します!


ではでは、また明日のこうほうさい3日目、よろしくお願いします。お待ちしてます!
3日目はこんな音楽がCDJで流れるかも・・・


We Are Golden/MIKA


Suit & Tie ft. JAY Z/Justin Timberlake


*前回の投稿で新3回生の平野さんの弾き語りが2日目だと告知されていましたが、3日目の9時40分からの間違いでした。申し訳ありませんでした。

2009年12月11日 (金)

泣くな、よ

お初にお目にかかりますろっく系3回横井です。PLANETZでベースやっています。うっかりログインできたので書きこんでみます。(NF後だれも書いてないたぁどういうことだい)

バイト4つ掛け持ちして就活して食育サークル立ちあげてバンドやって遊んで学校はゼミしか行ってないいやそんなこともない最近です。忙しい。本意にしろ、色んな人と集中力卍解して話して顔色伺ってスマイル0円で提供してると、ストレスって溜まるんですね。家に帰ると、もう人の声なんて聞きたくない活字なんて見たくない脳が理解できてしまう言語になんて触れたくない、ってなるのです。まあ、そうはいかないのだけれど。「かつじ」を変換したら一つ目に「勝二」って出た、誰だよう、勝二なんて見たくない。

そんな12月、彼のピアノが私をいやしてくれています。勝二じゃないぜ。

Thelonious Himself

      
Thelonious Himself

アーティスト:Thelonious Monk

Thelonious Himself

これは傑作と謳われているアルバムですが、ひとつ例えて挙げているだけで、そんなことはどうでもいいのです。(むしろこのアルバムは途中会話が入るから、それに限れば今は嫌いです。) とりあえず彼のソロの楽曲を、何も考えずに、耳を傾けずに聴く。眠る前の、準備リラックスにちょうどいいのです。ああでも、最近デジタルってことにも腹が立つようになってきました、特に違いが分かるわけでもないのに。ああアナログ盤で聴けたらいいのに。あの、ぶつ,ぶつ,っていうノイズが好きなのです。

話が逸れている、?

誰か、他にこういう効果のある音、持っていませんか。もしイイのがあれば教えて/貸してください。ことばがないのが好いです。楽器はひとつが好いです。

いま、炬燵でアイスを食べています。朝です。雨です。Monkが流れています。活字を書いています。矛盾しています。とても贅沢です。泣きそうです。

もう寝ます。おやすみなさい、良い1日を。

2009年5月 1日 (金)

どうも失礼します

PLANETZのボンクラ担当松葉です。はじめて書きこみます。


昨日ライブ来てくださった方ありがとうございました!(日付的にはおとといだけど)
すごく長い時間だったのに、たくさんの人が残ってくれていて、やりがいがありましたッス。
どんどん入ったらいいんだぜ。
僕たちも一回生のパワーに負けないように精進していきます。


さて、なんか乗っかって名盤紹介してみます。
In Performance


アーティスト:Donny Hathaway



In Performance

Donny HathawayはともするとばりばりR&Bのイメージが強いと思います(僕もはじめそう思ってました)が、やっぱブルースだし、ソウル、ゴスペルなんだなぁ、と聴いていてしみじみ感じます。
バラードばっかで、そういうのが好きな人はやられるはず。
この人のライブ盤は言わずと知れた名作「LIVE!」が有名なんですが、こっちはこっちですばらしくライブ感があります。毎度毎度、観客の圧倒的テンションがすごい!

特におすすめなのは、優しいメロディの2曲目”A Song For You”と、アウトロの焦らしにしびれる4曲目の”We Need You Right Now”です。彼は歌が本当にうまいです。そしてハンチングが似合います。

2008年7月21日 (月)

ミシシッピ

こんにちは。森川です。みんなテストで忙しいようですが、僕は一個もありません。そう、一個も!!いいだろ~。というわけでのんびりしてますが、そのあとにもっとでっかい試験があるのは秘密です。今日も勉強しようかな。休日だけど。

最近、あるギタリストにはまっていて、というよりこの人の音楽が無性に聞きたくなって昨日買ってしまったので、そのアルバムをご紹介。

The Best of Mississippi John Hurt Music The Best of Mississippi John Hurt

アーティスト:Mississippi John Hurt
販売元:Vanguard
発売日:1990/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ミシシッピ・ジョン・ハートです。有名なブルースマンですが、ロバートジョンソンや、ライトニン・ホプキンスほどではないかもしれません。

この人の音楽は、一言で言うと”癒し系”です。一時期癒し系アーティストなんてのが流行りましたけど、その言葉は彼のためにあるんじゃないかと思うくらいです。すごくギターの音色がやさしくてキラキラしています。そして、声は決して張り上げる感じじゃなくて温かくて包み込むような感じです。とあるテレビ番組に出演した時の映像を載せておきます。

ブルースのアルバムって結構最後まで聞くのがしんどいものも多いのですが(めちゃめちゃかっこいいんですけども、もちろん)、この人はサラッと聞けてしまいそうな感じがします。最近の寝苦しい夜にも、いいんじゃないでしょうか。よく寝られそうです。

2008年7月 5日 (土)

ジャパニーズ・ポップス

こんにちは。みんなのこころをあかるくてらす照明係二回生の赤壁です。

中村一義率いる100s(ヒャクシキ)の、2005年発表のアルバム「OZ」を紹介します。キャッチーかつ独創的なメロディラインと多彩なアレンジカラーが魅力的なポップミュージックが21曲詰まっています。ざっくり言えば深化したJ-popといった感じです。J-popの「正常進化」が浅く薄くへ向かっているのを考えれば、オルタナティブJ-popとでも言うべきなのかな。ともすれば陳腐なJ-pop的メロディが、白々しさに落ちる手前で絶妙に制御されているのが素晴らしい。もちろん、「深い」というのはこの意味でだけではないです。

「OZ1」「OZ2」「OZ3」の三曲で区切られ、それぞれ、バンド色を前面に出した一部、より抽象的に変化する二部、それを通して捉え直された日常にシフトする三部という構成になっています。(と、思います。)部分ごとに完結するような構成になりながらも、全体として一篇の物語のようなまとまりをもった素晴らしいアルバムです。

中村一義の音楽はあくまでジャパニーズポップス、日本の音楽だと思います。人工感と暖かみ、嘘っぽさと現実感が併存している音楽です。時代の気分を描き出すポップミュージックの多くが娯楽用消費物に成り果てた日本にあって、数少ない本物だと思います。
名盤です。

2008年2月24日 (日)

Theベクトルズ主催イベント「春を待ちながら音楽でも」

明日2月24日はTheベクトルズが主催する素晴らしき無料ライブイベント「春を待ちながら音楽でも」が西部講堂にて開催されます。出演者はこれだ!!

11:00~ Theレディハンターズ
11:40~ 藤原弘尭バンド式
12:30~ ビザルブルース
13:20~ ロックタクロウ
14:10~ 夜酔リョータロウバンド
15:00~ ボラデラックス
15:50~ みかとやす
16:30~ superfriends
17:20~ カルガモネンド
18:10~ 気まぐれヤモハ二牛
19:00~ ザ・ベクトルズ

詳細情報

出演バンドを知ってる方々、これは聴きに来るべきでしょう!
何にも知らない人達!騙されたと思って、寺巡りの間にでも寄ってくれよう!

絶対お客さんが楽しいライブにしますよ。

なんたって畳にコタツが7個用意してありますんで、
そらもう、外は雪、中は音楽、という暖かい空気で、皆で春を待ちましょうよ!

以上!!!!

2008年2月16日 (土)

夜酔リョータロウバンドってんだ!

俺らは夜酔リョータロウバンドってんだ!俺はGt.担当の山内ってんだ!
おうとも、今ぼくは酔っ払ってるってんだ!

今日は俺たちのCDの紹介をさせて欲しいんだ!!!!

Jacket

 夜酔リョータロウバンド
 「どうでもよくないんだ」
  YRB-0701 ¥1000 (TAX IN)

   夜酔リョータロウ公式Blog
  My Space ※試聴可能です!
 
  購入希望など、問い合わせ先 : yrbinfo@gmail.com

夜酔リョータロウバンドの1stフルアルバム「どうでもよくないんだ」の発売からはや二ヶ月強、いやしかし、まだまだ売り上げ上げる気満々満タンなのだ!明日あさっては、遅ればせながら京都中のレコード屋に売り込みに行くのだ!「ヤスイくんのCD、ずっと欲しかったんだけど、シャイであるため買えなんだ!」っていう希少動物のような方、「みやこ音楽祭に出てたとかいうバンドかい、なんやCD出しとったんかい」なんていうコアを通り越した現在進行形京都音楽通の方、そういった直接お会いできない方々のために、一粒の冷や汗ほどのちっぽけな勇気を振り絞って、CD屋の兄ちゃんにお願いしに行ってきます。親しい皆さん、こんなぼくを応援してください。

このCD、ちょっとぶりに聞き返してみたのですが、これはなかなか聴けるじゃない、いや、もしかしたら名盤じゃない?なんていう風にも思えるようになってきた。いやでもこの音作りはどうなの?もっとちゃんと演奏できないの?なんて風にもやっぱ思うよね、聴いてるとね。時間が経つとそのときの視点ってやっぱ薄れんだね、忘れたわけじゃないんだけど。なんか他人の音源みたい。

でもこれがぼくらバンドの今までだったわけで、次に繋げて行くってことがやっぱ大事なんだろうね。

というわけで、僕らまたCD作ります。 あ~!言っちゃった!!

おそらく、いや間違いなく名曲と名演を詰め込んだCDになると思います。暖かくなり、そして桜の季節の終わる頃には皆さんの耳に触れられるのではないでしょうか。

これからも京大軽音を引っ張るバンドとして、Superfriendsなんかには負けないんだからね!という気概で、頑張っていきたいと思います。バンドを好きでいてくれている方々、もしおられましたら、その天使のような気持ちでこれからも僕らを暖かく見守っていって頂けることを願っています。ありがとう。おい!お前のことだよ!

追記:京大軽音の公式HPの内容がようやっと更新されて、なんだかかなりいい感じになったね!もしまだ見ていない人がいたら、是非見てみてね!懐かしい焼け跡の写真なんかもあるよ!!(泣)

それではおやすみなさい。ああ、夜が明けてきた。

2007年12月29日 (土)

行く年

京大軽音をご愛顧頂いている皆様、本年も誠に有難うございました。
2007年も残りあと3日弱となりまして、暮れの挨拶の代わりに投稿させて頂きます。
山内です。

本年、いや少なくとも本日最後にご紹介したいCDはこちらです。ていうか、何かアフィリエイとの挿入方法が新しくなってますよ!

------------------------------------------------------------------------

LION

買ったきっかけ:
いや借りました!

感想:
最高のギターアンサンブルだ!な〜!

おすすめポイント:
ヘッドフォン/イヤフォンで聞き耽るのが個人的にお勧め!

LION

アーティスト:奥田民生

LION

-----------------------------------------------------------------------

グラフまで作れるようになってるわ。すごいね、すごいかな。

じゃあ、皆さんお体には気をつけて!
来年もよい年でありますように!

2007年12月 7日 (金)

ソロとして。

山内です。お久しぶりっす。
はっぴいえんどいいですよね。で、大滝詠一のファーストもいいんです。
で、さらにはソロもバンドもごちゃ混ぜで出しちゃったベスト盤みたいなのが出てるんです。
今でも普通に買えますよ。なんか違う視点で聴けるのがいいです。「田舎道」とかが挟まってるんです。お勧め。

アーリー大瀧詠一 Music アーリー大瀧詠一

アーティスト:大瀧詠一
販売元:キング
発売日:2000/07/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以上です。

あ、夜酔リョータロウバンドの10曲入りのCDを発売しました!!力作です。買ってね~。

2007年7月22日 (日)

「ギター日和」

どうも山内です。

最近軽音楽部の方とお会いしない日が続いて、少々鬱憤を溜め込み気味でおりました。山内です。みんな面白そうなCDを紹介してはりますね。今度僕にも貸してよ~。

紹介したいCDはですね、これっす。

渚にて Music 渚にて

アーティスト:ニール・ヤング
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2005/09/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Neil Young  ”On The Beach”  です。
ニール・ヤングはレスポールを弾いてはるんですが、これがもうギャンギャンペケペケってゆってて本当にかっこいい!!んですよ、ホンと。下手なんですけどね、「いやいや、もともとエレクトリックギターなんでものは浅はかで薄っぺらい楽器なんだから!これでいいんだよ!!ギャイーン、キュイーン、ユラユラ~ ・ ・ ・」っていう感じです。僕は彼のギターから侘び寂びを感じるんです。言い換えると、夕暮れの荒野を行くような、孤独と、奮えと、黄昏れとを感じるんです。そんなギターを一度皆さんにも聴いて頂きたいんですよ。ただそれだけが僕の願いです。

支離滅裂な説明でスイマセン。いやいや、安井氏の川本真琴の記事以来の気持ち悪い記事になりましたね。いや、最近溜まった鬱憤をギターで晴らす日がたまたま続いてて、(僕もようやくギタリストとしての習慣がついてきたかなと思っていた次第で。)で、僕はニールヤングとかみたいな60年代末~70年代初期のギターの音ってのが本当に好きなんですよ。つい最近トレモロとディレイを購入しまして、それを弾きこなそうと色々やってると、「どうもこれはヤングさんの音に似てきてるな。」と思えてきたんです。そうなんです、彼のギターは常にごく短いタイムでディレイがかかってるんですね!たぶん・・・。そして、70年頃の音源にはトレモロがすごく使われてる!!いやいや、無意識のうちに、ぼくはすっかり70年代的なギタリストになってしまっていたなぁと、そんなちょっぴりとした喜びを感じた次第です。

まあギタリストには、そういうハッとする日っていうのが年に何度かぐらいはあるんです。そんな日を以って、「ギター日和」と、まあ呼んでみようかと思ったんです。

つらつらとお話してしまいましたが、今後も軽音楽部をよろしくお願いします。最後にライブ告知させてください!!!!

8月11日(土)
みかとやす 1st Albam「握手」 レコ発ライブ!!@三条VOX HALL
出演> みかとやす(主役!!)
    みかとやすと俺と僕(不肖山内がギターを弾きます。)
    superfriends(お馴染み!大人気!!)

8月23日(木)
夜酔リョータロウバンド @ 二条NANO
タイバンにはナント!あの孤高のブルースソングライター、岩出昌率いるThe レディーハンターズが参戦します!!

9月3日(4日?)
夜酔リョータロウバンド @ 扇町DICE

9月29日(土)
京大軽音主催ライブイベント「オト回廊’07」 @京大西部講堂

以上です!ご都合の合う日に是非!!

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

twitter