« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月20日 (金)

あしたは3月焼け跡

 再び谷井です。

 あした21日土曜日、京大軽音の月イチ(?)ライブ(通称「焼け跡」)が行われます。詳細は以下。

京大軽音3月焼け跡「ハロー? vol.2.」

日時:3月21日(土) 15:00くらい~19:00くらい

場所:京都大学西部講堂前広場

タイムテーブル(暫定):
15:20~ 蛸足配線
16:00~ 岩出昌
16:40~ サタニックマジェスティーズロンリーハーツクラブバンド from 東京!
17:20~ 夜酔リョータロウ
18:00~ プラネッツ
18:40~ ザ・ルージーズ

 タイムテーブルはあくまで暫定なので、出演者はまだまだ募集中ですよ、部員のみなさん。出演希望は部長の岩出さんまで。
 新入生の人で京大軽音にちょっとでも興味がある人は引っ越しの息抜きにやら大学での用事のついでに来てくれたらいいと思います。来てくれたら喜びます。もちろん新入生じゃなくても
 西部講堂の場所がわからない人は、横のリンクから飛べる京大軽音公式ホームページのトップに地図が載ってるので見てみてください。

 とりあえず予報は晴れです。にぎやかな感じになるといいなー

 引き続き名盤紹介。

 Rie Fu/Tobira Album Rie Fu/Tobira Album
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

 日本の女性シンガーソングライター、Rie fuのいちばん新しいアルバム。
 いわゆるJ-POPの人ですが、生楽器中心のアンサンブルですんなりきけます。スカパラや100sのドラマーが叩いている曲もあったりします。
 CMで一瞬きいた曲がよくて、その曲だけよければいいかなと思って買ったら、見事に全曲よかったです。とにかくメロディがいい。なんていうか日本的なベタな感じと、そうじゃなくて洗練されてる部分とがうまく混じり合ってて、飽きずに何回でもきけます。実際1年前の受験直前の頃はやたらときいてました。そういう個人的な思い入れも強かったりする
 あと、日本語詞の曲と英詞の曲があるんですが、日本語詞がたまに良かったりします。「SMILE」って曲の

どうして こんなに 幸せなはずなのに
底のない願いが 輝き汚すのかな

って歌詞は初めてきいたとき発明だと思いました。「願い」というと上へ上へと向かっていきそうなもので、「底のない願い」っていうのには違和感を覚えるんですが、歌詞をちゃんと追っていくとすんなり受け入れられるんです。
 気になる人はきいてみてください。

 って、前回もそうでしたけど読み返すとほんとに自分の文章力のなさに打ちひしがれます。だからレビューって嫌だ。とは言いつつするんですが

 そんな感じで以上です。あしたはいいライブにしましょう。谷井でした

2009年3月12日 (木)

新歓スタートです

 はじめまして。1回生の谷井です。蛸足配線というバンドで歌ってます。あとThe Danlaysというバンドでベースを弾いてます。

 新入生の皆さんは、合格おめでとうございます。僕たち京大軽音も新入生歓迎モードに突入です。

もちろん一年中どんな方でも来てもらえれば大歓迎です。

新歓について言いたいことはほとんど下で塩原さんが書いてくれてるので、僕は新歓スケジュールについて少し。

明日の入学手続きでは、ビラ配りをします。おそらく各学部の周辺で何人かずつビラを配っているので、興味のある人はどんどん話しかけてやってください。もし良ければビラももらってやってください。

その次は今月21日土曜日に西部講堂前で野外ライブを行います。くわしい時間は未定ですが、ここでまた告知したいと思います。西部講堂ってどこだ!?という人は横のリンクにある京大軽音公式ホームページのトップに地図が載ってるので見てみてください。

来月もいろいろとイベントが決まってるので、順次告知したいと思います。

 引き続き名盤紹介。

Mutantes Music Mutantes

アーティスト:Os Mutantes
販売元:Universal Music Latino
発売日:2006/08/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

60~70年代に活動したブラジルのサイケ・バンドの2nd。

中期~後期ビートルズに影響を受けまくったサウンドに、ラテン系のメロディが乗っています。そのくせ、本家ビートルズを小馬鹿にしているかのような唐突な引用。ニヤニヤ笑いながら演奏している様子が容易に想像できます。そんな小ネタがいたるところにちりばめられていて、全編爆笑しながらきけます。

一方、おもしろいだけでなく、要所要所にグッドメロディを挟んでくるところがニクいです。単なるおもしろ音楽じゃなく、繰り返しきいても良い!です。なぜか切なさすらおぼえます。

好き嫌いはわかれそうですが、ハマる人はハマると思います。ぜひきいてみてください。

 そんなわけで、以上です。あした晴れたらいいなー

2009年3月10日 (火)

眠れない…

(誰も)書かぬなら、また書いてしまえ ブーローグー の信長精神でまた書いてしまいます。シオバラです。

・いよいよ、春ですね。出会いと別れの季節とかいいますが、どんな新入生が遊びに来てくれるのだろうかと今から楽しみです。ちなみにワレワレの軽音部は、大学やら年齢やら問わず誰でも入部可能ですので、アグレッシブに遊びに来てくださいね~

 新入生の方は、新歓のときはいろいろなサークルやら場所を見に行って、ぜひいろんな人と接してみることをおススメします。恥はカキステ、プレステ3です。

 でも酒と怪しい勧誘などには注意してくださいな。僕は入学手続き時に、怪しいニイチャンにしつこくマンションか何かの勧誘を受けて、ブチ切れたら「これだから田舎もんはよ!ケッ!」みたいな捨て台詞を残して逃げ去られたことがあります。

 実際、地元群馬は田舎です。


・名盤紹介の前に、Superfriendsのお知らせっていうか告知しちゃいますね。

通販取り扱い開始 の お知らせ!!

ok!power pop2」(まだまだ好評発売中ッス!)でもお世話になった東京のindieレーベル「Thistime records」さんのご好意で、Superfriendsの1st「Superfriends」、2nd「saying much in little」が通販でお買い求めできるようになりました。

 お値段は相変わらず、500円ポッキリ

この機会に遠方にお住まいの方も、ぜひご注文ください!!損は、させませんぜっ

オンラインストア home↓
http://thistimerecords.shop-pro.jp/
http://www.powerpopacademy.com/distro/
(どちらからでも行けます)

1st「Superfriends」 紹介ページ&ご注文
http://thistimerecords.shop-pro.jp/?pid=11787236
2nd「Saying Much in Little」 紹介ページ&ご注文
http://thistimerecords.shop-pro.jp/?pid=11787392

なんだか商魂丸出しみたいになってしまって申し訳ありません、でも純粋に一人でも多くの人に聞いてもらいたいと思い、告知させていただきました。もしこの場でSuperfriendsをお知りになったという方は、ぜひチェックしてみてください!

・それでは気を取り直して名盤紹介。じゃあこれ。

カル・デ・サック カル・デ・サック

アーティスト:エリック・カズ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2006/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

・奇跡の激ダサジャケットとして有名?なCDです。でも中身は、本当にすばらしい。小沢健二の某曲の元ネタとかも入ってます。

 ブルーアイドソウルっていうのでしょうか、白人による、R&B、ソウル、ブルースとかを通過したソフトロックっていう感じです。すごく儚げだけど暖かいボーカルにまずウルッときます。そして、演奏もまた黒人のソウルなどを吸収しつつどこか涼しげというか、ねちっこい感じではなく、つぼを押さえつつクールです。全曲すばらしい、紛れもない名盤だと思います。このアナログっぽい古きよき音楽、ぜひ聞いてみてくださいなー こういうアルバムをいつか作ってみたいな、とよく思うんです。

 では、ここらへんで!14日、15日のライブ、ぜひお越しください!以上、Superfriendsシオバラでした!

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

twitter