« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月23日 (水)

近況報告のブチョウ

みなさんこんにちは。すっかり春、ですね。 ひょっとすると夏かもしれないです。そこらへんはとっても難しい。
 
・ワレワレ京都大学軽音楽部は、過激に新歓活動やっております。CD無料配布も、もうちょっとしたらやめちゃいそうなんで(めんどくさい的な意味で)、ぜひ、どなたでもバシバシもらったって下さい。

・たくさんの新入生が説明会に来てくれて、とてもうれしいです。みんなウイウイシイ。とはいっても、院生の方や留学生の方、って言うか誰でも歓迎なので、ぜひ遊びに来てください。火曜の説明会は、五月の終わりくらいまでやる予定。そこでたまに、ライブもする予定。

 しかし入部は一年中受け付けておりますので不安な人はご安心を。そろそろ、新入生たちのバンドも動き出しそうといったところでしょうか。ガンバ

・次の土曜26日は、ライブするか相談してるので、決まったらまた情報アップします。(ズサンな管理体制)たぶん、すると思います。部室付近で。っていうか部室で。

僕はといえば、カブトボーグばっかり見てる毎日です。

じゃあ、なんか紹介して終えます。

Stephen Malkmus Music Stephen Malkmus

アーティスト:Stephen Malkmus
販売元:Matador
発売日:2001/02/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

pavementの人のソロ。一筋縄ではいかないメロディー、なのになんでこんなに泣けるのかー 歌詞わからなくても伝わってくるユーモアがあります。絶妙なズレ感が気持ちいい一枚です。

 昔と比べると大分まっとうで、ポップな曲が多いです。これを聞きながら、深海魚ばっかの水族館でも回りたいです。(そんなんないと思うけど)同様のことをyo la tengo聞いてる時も思います。 

 勉強すっか!ではサイナラー

2008年4月16日 (水)

ウーララ

こんばんは、こないだタワレコで買い過ぎて「これ返してください」っていう恥ずかしいことをやってしまった森川です。僕はひたすら苦笑いですけど、店員さんはいたって冷静なんですよね。それもまた恥ずかしい。

では、その日返されずに残った中の一枚。

Ooh La La Music Ooh La La

アーティスト:Faces
販売元:Warner Bros.
発売日:1994/08/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まず、ジャケットのハイセンスぶりに驚きますが、そんなことはどうでもいいとして、ゴキゲンなロックンロールが詰まっています。何ら難しいコードも革新的なサウンドも無いですけどひたすらに(この手のものが好きな人にとっては)心地よいサウンドです。
やっぱりね~最高のロック歌手はロッド・スチュアートだと思うんですよ。ありきたりなロックンロールがこんなにも説得力を持つのはこの人の力によるんじゃないかと思います。ロン・ウッドのギターもよし。ローリング・ストーンズ時代よりも全然ブイブイ言わしてます。めっちゃファンキー。音もよし。僕もこんな音が出したい…のかも。

とにかく気楽な気持ちになれるアルバムですよ。

ギタポって素晴らしい③

おいっすおいっす西山です。

フジロック面子すごいですね。僕は行きます。誰か一緒に行きませんか?

勝手に連載しているギタポって素晴らしい第三段はこの人。

Gene Clark with the Gosdin Brothers Gene Clark with the Gosdin Brothers

アーティスト:Gene Clark
販売元:Sundazed
発売日:2007/03/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ご存知元バーズのGene Clarkです。彼はバーズの中でも屈指の名盤『霧の五次元』までバーズに在籍しており、多くの楽曲を書いてきました。つまりバーズのフォークロック期の中心人物なのです。なのでこのアルバムはバーズがサイケ路線に行かなかった場合出たであろうフォークロックアルバムといってもよいかと思われます。

なおこのアルバムには後にバーズで活躍するClarence Whiteが参加しており曲と調和した美しいギターが素晴らしいです。

少し陰を感じさせながらも美しい楽曲はフォーク、カントリーの影響を感じさせます。

やはりバーズ結成の理由ともなったBeatlesの影響がコーラスや曲の作り方にも出ています。

バーズの初期が好きな人だったら気に入るはずだしSSWの系譜の中でも地味ながらも隠れた名盤です。

今回はあっさりめで。次回はRoger Nicholsで書いてみようかな。ではでは。

2008年4月 6日 (日)

ギタポって素晴らしい②

おいっすおいっす!西山です。

ビラ配りご苦労様でした。ここを見てくださっている方は京大軽音のテーマ聞かれたでしょうか?

引き続き昼休みにも吉田構内で絨毯爆撃のごとく歌う予定なのでご期待ください!笑

コンピも絶好調で配布中です。回生問わずどうぞ一声おかけ下さい。

ではでは今日もギタポだ!

Something Else by the Kinks Music Something Else by the Kinks

アーティスト:The Kinks
販売元:Sanctuary
発売日:2004/06/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

The Kinksです。英国四大バンドといえばBeatles、Rolling Stones 、Who、Kinksですがその中で恐らく最も過小評価されているのがThe Kinksでしょう。

The Kinksは最初はYou Really Got Me(超名曲)のようなビートのきいた曲を演奏していたのですが、Beatlesが音楽性を変化させていったようにThe Kinksも音楽性を変化させて行きます。

Beatlesがアルバムごとにがらっと音楽性を変化させるのに対してThe Kinksは音楽性を変化さしていく過渡期にアルバムをだします。

このSomething Else By The Kinksも過渡期のアルバムで初期のビートのきいた楽曲もあれば後の牧歌的な曲、サイケデリックな曲とアルバム全体ではまとまりはないと言えます。

今回も曲別に感想を書いてみます。

1,David Watts

The Jamがカバーしているこの曲は初期のようなビートのきいた曲です。ファファファコーラスがポップです。歌詞はKinksというかレイ特有の皮肉のきいた歌詞で面白いです。情けない男の子が目に浮かびますね。

2,Death Of A Clown

フォークっぽい牧歌的な曲。コーラスは少しサイケデリックですね。道化師の死という題名も皮肉がきいてますね。

4,No Return

ボサノヴァです。雑多すぎる音楽性ですが、メロディーや歌詞が一貫してKinks風なのでアルバム中に溶け込んでます。

6,Tin Soldier Man

いい意味で脱力ソング。ブラスがメロディーを終始なぞっています。イギリスの田舎を行進している感じでしょうか。

7,Situation Vacant

イントロのピアノが印象的。中期Beatlesっぽい。カウンターメロディーのオルガンがいい感じにサイケデリックです。

11,Funny Face

ひねったポップな楽曲。後のXTCっぽい。変わった展開をします。

13,Waterloo Sunset

超名曲。これを聞いてない方はある意味幸せです。素晴らしく美しいメロディー。夕日の美しさは世界中どこでも変わらないんですね。

といったように雑多な音楽性を持ったアルバムですが聞きやすいです。Kiknsってアルバム多くてどれから聞いたら分からないって方はとりあえずこのアルバムから聞いてみたらいいんじゃないでしょうか?これが気に入ったらぜひ他のアルバムも聞いてみてください。もっと評価高くてもいいんじゃないかなーではでは!!

2008年4月 5日 (土)

こんばんわ

3日間に及ぶビラ配りも終わり、一息ついているところです。ブチョウです。

新入生の皆さんもご覧になったでしょうか?
ギター片手に「キョッオダッイケ~イオン!」と叫ぶ者たちの姿。不快に思われた方は申し訳ありません。やってるほうはとても楽しかったのでした。

 しかし誤解しないで欲しいのですが、京大軽音は何もあんな人ばっかりの部ではありません。Jazzに取り組む者、バンドに取り組む者、パソコンでの音楽制作に取り組む者、深夜アニメに没頭する者、いろいろです。ぜひ、一度見学に来ていただいて、そのジャンルのサラダボールぶりを見てもらえればと思います。

 
 近いところでは、4月8日の火曜18時から入部希望者向け説明会を予定しています。18時に時計台前で看板もって立っていますので、ぜひお越しください。新入生でなくとも、また京大生でなくとも、大歓迎です。

 また、期間限定で、軽音部に所属するバンドのオリジナル音源を集めたコンピレーションCDを無料配布しています。「京大軽音のテーマ」も収録しておりますので、よければもらって聞いてみてください。


 ふう、真面目なこと書くと疲れるな。なんか紹介して終わろう。

ムーン・オーヴァー・ザ・ローズバッド ムーン・オーヴァー・ザ・ローズバッド

アーティスト:MOONRIDERS
販売元:MOON RIDERS Records
発売日:2006/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

moonridersです。これが一番新しいアルバムなのかな。もう、メンバーもいい加減いい年だと思いますが、このアルバムのエネルギッシュさといったら無いですよ。
 若者(?)たちよりよっぽどエキサイティングな音楽やってると思います。全然枯れないんだなぁ、いい意味で。打ち込みみたいなの使いまくりです。アルバムは6枚くらい聞きましたが、大体全部気に入っています。

 とりあえず、楽器がうまいってのは大事なんだなぁ。鈴木慶一のソロアルバムも最近出たしチェックしてみよー

 そいでは皆さん、風邪などひかぬよう。僕のやってるSuperfriendsもよろしくお願いします。
サラーバ

Superfreinds HP(PCのみ):http://superfriends.jp/Home.html

軽音部のバンド音源視聴:http://groups.myspace.com/kulmc

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

twitter