« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

ブチョウは今、いろいろ大変①

・こんにちは、お久しぶりです、ブチョウと申します。新入生の皆さんも、これ見てるのかな?
 質問とかあったら、気軽にしてくださいね。

・今僕らは新歓に向けて、京大軽音のバンドの音源を集めた、京大軽音コンピレーションCD'08をまとめて、作ったりしてます。(もちろん全部オリジナルです。)
「京大軽音のテーマ」のミックスも終わりました。ぜひ、タダなんで気軽にもらってください!

・CD紹介、オメーももっと書け!といわれたので、最低週一くらいで書いていこうかな。

しかし、僕文才がないから「とにかくいい」「とにかくポップ」「っていうかまず聞け」とかしか書けないんだな…でも、個性個性。開き直ってよし、いくぜー

Those the Brokes Those the Brokes

アーティスト:The Magic Numbers
販売元:EMI/Heavenly
発売日:2006/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なんか、よく知らないんですけど、magic numbers、素晴らしいバンドです。4人組ってことくらいしか知らないです。
 
 USインディーっぽさもあるけど、そこまでヘロヘロしてなくて、けっこうタイトでまとまったポップソングをバシバシ繰り出してきます。それでいて、けっこう渋い曲とかもあるのだ。が、それが今風の、売れ線な感じじゃなくて、安心します。
いいポップソングを聞くと、僕は頬が緩むんですが、もう頬がふにゃふにゃですぜ。やっぱね、男女のコーラスってのは、いいですねぇ。あと、ギターの音がいい。

そんであと、気取ってないのがいいや。つきなみな言い方ですが、音楽への愛を感じるっす。

 まぁ、あんまり単純ポップでイヤッホーって感じではないです。作りこんであります。暗い曲もある。
…うーん、我ながら、なんという文章力の無さか…読み返しても、意味、わかんないな…

 でも今、朝6時で、なんかもう無理なんで寝ます。今日はdeath by chocolateとpipasのCDをゲットしました。さよならー

最後にライブ告知。
Superfriendsが4月10日、三条のVoxhallというところでライブします。詳しくはここを見てくださいね→  http://vox.co.jp/voxhall/pickup.php

「VOXhallイチ押しの歌ものDAY」だそうで、オラも楽しみよ。前売り1000円です、よければゼヒ!!そいではー
Superfriendsホームページ→http://superfriends.jp/Home.html

2008年3月29日 (土)

ギタポって素晴らしい

花粉のせいでノドは痛いわ、目は痒いわ、肌は荒れるわで非常にしんどいです。

新入生の方入学おめでとうございます。上の記事に詳しい新歓の日程が書いてあるのでぜひともお越しください。

さて今回紹介するのは一応僕の得意分野ギターポップからのこの一枚。

I Can Hear the Heart Beating as One Music I Can Hear the Heart Beating as One

アーティスト:Yo La Tengo
販売元:Matador
発売日:1997/04/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ヨ・ラ・テンゴです。

ふわふわした浮遊感のあるサウンドが特徴で、静寂というか落ち着きを感じます。

夜が似合うアルバムでこれを聞きながら散歩するとどこまでも行ける気がします。

初めて聞いたときは地味な印象でしょうが、聞き込めば斬新なサウンドにポップなメロディーを溶け込ました素晴らしいポップソングばかりであることに気づくと思います。

全曲はレビューできないけど、少しだけ各曲レビュー。

3,Sugarcube

疾走感溢れる名曲。このアルバム中で一番好き。ギターは狂ってますね。

この曲のPVは有名で、今流行のデトロイトメタルシティテイストなんでぜひ見てください。

http://jp.youtube.com/watch?v=d_LkAAzCQrQ

4,Damage

淡々と美メロを聞かせる曲、マイブラっぽい。こういう曲が聞けるかどうかでヨ・ラ・テンゴが好きかどうかが分かれると思う。

5,Deeper Into Movies

轟音ギターに消え入りそうなボーカル。切迫感のあるボーカルが物悲しさを誘います。

9,Little Honda

かなりベルベットアンダーグラウンドに似てる曲。とりあえずギターが気持ちいい。

適当ですが、こんなもので。ぜひ聞いてみてください!

次回もギターポップで書こう!西山でした。ではでは!!

2008年3月 6日 (木)

春だ!桜だ!酒だ!

久しぶりに投稿します。

なんか春めきだったますね、花粉症さえなければ春はいい季節なんですけどね。

花粉症は無菌社会に対する警告だそうで、本来は人間の体に寄生する菌が出す毒素に対処していたはずの免疫がその菌がいなくなって、花粉に過剰に反応してしまってるらしいです。

今日紹介するのは60年代の裏番長The Velvet Undergroundのセカンドアルバムです。

White Light/White Heat Music White Light/White Heat

アーティスト:The Velvet Underground
販売元:A&M
発売日:1996/05/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

一般的に有名なのはファーストのバナナジャケットですが、The Velvet Undergroundの真髄はセカンドのこのアルバムにあると思います。退廃、暴力といった人間の社会の負の部分が混沌と表現されてます。緊張感が凄まじいです。このアルバムの後The Velvet Undergroundは本来ルーリードが持っていた歌ものへの志向を強めていきます。

全6曲なんで簡単に全曲レビュー

1,White Light/White Heat

ピアノが印象的なこのアルバムではポップな一曲。へろへろボーカルにWhite Light White Heatと合わせるコーラスが気持ちいいです。

2,The Gift

左右のチャンネルに右がノイジーなギターが押し出されたジャムっぽい演奏、左が朗読振り分けられている。我々日本人には直接聞き取るのは難しいのでぜひ歌詞カードで確認しながら聞いて欲しい。実験的でポップさには欠けるかな。

3,Lady Godiva's Operation

1stで見られたような歌もの。しかし裏のギターが相変わらずノイジーなのでサイケデリックさが増している。物悲しいボーカルで哀愁漂う一曲。

4,Here She Comes Now

これこそ1stっぽい歌もの。ニルヴァーナもカバーしている。この後の怒涛の展開を予感させない小品。

5,I Heard Her Call My Name

打って変わって攻撃的な曲。イントロから音が割れたギターが暴れまくる。この曲辺りから混沌さが増してくる。冒頭のWhite Light/White Heatと似た系列の曲。

6,Sister Ray

初めて聞いたときは17分27秒もあるけどずっと聞き入ってしまった。名曲。何故か泣けるのが不思議。最初4分程度はオルガンが効果的に使われたドアーズっぽいポップソングだけどそこから後は各パートが暴走しだしてぐちゃぐちゃになる。進むにつれて混沌さは増し、ノイズが降り注ぐ。だけど最後には白い光が差し込むようにして混沌が終わる。素晴らしすぎる。マイブラなどのシューゲイザーへの影響は大きいと思う。

ってなもんです。とりあえず2ndは名盤ですが、最初聞くならやっぱりバナナジャケットの1stオススメします。変な曲多いですけど聞き続けるとはまってくると思います。NYの音楽は面白いですね。ではでは西山でした。

2008年3月 2日 (日)

ブチョウのくせに生意気だぞ

こんにちは、ブチョウのしおばらです。
受験生の皆さん、お疲れ様でした。後は結果を待つのみ、といった感じでしょうか。

 なんのアドバイスも出来ませんが、みなさんが合格していることを祈っております。
 念のため言っておくと、当サークルは京大生でもそうでなくても入れますので、全然気にしないで遊びに下さい。四月のガクシンに記事が載る予定ですので、そちらなどもご覧下さい。

なんか紹介して寝よう。

レベル・ビート・ファクトリー・イヤーズ Music レベル・ビート・ファクトリー・イヤーズ

アーティスト:moools
販売元:インディペンデントレーベル
発売日:2007/12/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

mooolsです。東京のバンドです。このアルバムは、一枚目と二枚目のアルバムが二つ入ってて、さらにボーナストラックはいってます。
 スリーピースのバンドなんですが、めちゃかっこいいです。変な曲ばっかりなんだけど、ぐっと来るんですよね。すっごいパワフルです。

とりあえず僕はこの人たちのライブを見て、はな血が出そうになるほど興奮しました。最近のライブは、もっぱらこの人たちのTシャツを着てやってるという入れ込みぶりです。やっぱ、いろんな曲があるとこがいいです。一辺倒ではないんですよ。そんで、キャッチーなのだ!
 ライブ版のキャッチ&リリース&キャッチはカッコよすぎて、吹っ飛びます。絶対またライブ見たいな

じゃあさよなら~。また会いましょう~わがバンドSuperfriendsもよろしくっス!

 SuperfriendsのHP:http://superfriends.jp/Home.html
 myspace :http://www.myspace.com/super1friends2

mooolsのmyspace: http://www.myspace.com/moools

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

twitter