« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月28日 (金)

会計の独り言①

明日、9月29日、京都大学軽音楽部が総力を挙げて実施するイベント「オト回廊’07」が、西部講堂にて行われます。詳細はこちら→オト回廊ホームページ

13時スタートで、20時ごろまでJAZZありロックありのライブを、講堂外と中の2ステージでやっていきます。 ぜひ、遊びに来てください!バーベキュー的なものもあります。お祭りだ

 んで今日はその仕込みでした。めっちゃ疲れました。こういうこと書くと胡散臭くていやだけど、みんなほんとに頑張ってくれました。かんどうした!

 一回生のみんなが、こんないいやつらだとは思いませんでした。つまり、今までいいやつなんていないだろうと思ってたのです。平成生まれに抵抗があって・・(偏見)

 いいイベントになると思います。 

ま、全てはいいライブするかどうかですけどね。がんばろうぞ。

 最後にCD紹介しようと思ったけど、めんどくさいから終わりです!

では皆さんまた明日!!

Epsn1239

2007年9月17日 (月)

桜三月散歩道by井上陽水

のような気持ちです。

9月なのに蒸し暑い、自転車マナーわるい、バイトどたきゃんなどで心が日々の摩擦により磨り減っているような気分です。

そりゃ気も狂うわ!

て感じで、バイト帰りに半ば放心状態で聴いていたのがこれ
Loaded
The Velvet Undergroundの4th アルバムです。

今更ヴェルヴェッツ??という感じですが、1st(超有名なバナナジャケット)聴いた人は多いかもしれませんが、これ聴いてる人は意外に多くないのでは??

わたしも恥ずかしながら3回生のときに聴いたのですが、素晴らしいアルバムだと思います。

なんといってもギターの音がたまらなく、ありえないほどにいい。
1曲め’Who Loves the Sun’の頭のギターを聴いただけで、アメリカのきらめく海岸風景を思い浮かべうっとりしてしまいます。

モーテル、ハイウェイ、イエローのセダン、チェックのシャツ、パーキングエリアで飲む浅煎りのアメリカンコーヒー、くすんだ赤と黄色というバーガーキングのような配色、はきふるしたコーデュロイのパンツ、目を開けていられないほどの光に満ちた海岸沿い…

わけのわからぬイメージを書き連ねてみましたが、このアルバムを聴くと、こんな情景がパーッと浮かんできて、あぁ、アメリカやなぁ、と感じてしまいます。

このアルバムはヴェルヴェッツの中で一番”アメリカ”らしいような気がします。

あぁ、いつかカリフォルニアを車でドライブしたいなぁ。イージーライダーみたいに。

いっぺんくらいアメリカ人になってみたいですよNE!!!!

という感じで、強引にしめさせていただきます。

えしろでしたー

追伸

アメリカ!という感じのロードムービーは多々ありますが、わたしのおすすめは

「パリ、テキサス」
「トランスアメリカ」
「リトル・ミス・サンシャイン」

death

どれも、音楽最高な映画ですよー

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

twitter