« 会計の名盤、スルメ盤紹介⑤ | トップページ | 暑いですね »

2007年7月 2日 (月)

こんにちは、すっかりかげのうすい4回生のえしろです。6月焼け跡、かつてないほど観客の皆さんがいましたね。見に行ったものの、人の多さに挙動不審気味になりました。

近頃は夏のせいか、ソウルミュージックばかり聴いています。
ほんとうに、ソウル界には偉大なシンガーがたくさんいるのですが、本日のおすすめはこれ

Soul Folk in Action Music Soul Folk in Action

アーティスト:The Staple Singers
販売元:Stax
発売日:1991/11/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ソウルを代表するレーベル、Staxの看板グループ、Staple Singersの音源です!!!!

その名のとおり、ステイプル家の父がギター、3人娘がシンガーという家族経営のグループで、もとはゴスペルをうたっていたのですが、60年代後半からソウルへ転向したそうです。The Bandの涙を呑む名作「The Last Waltz」にも出演しています。

リードシンガーのメイヴィスさんは、70年代アレサ・フランクリンに並ぶほどのグレートなシンガーだったそうで、70年代のStaple Singersの音源はどれもファンキーでめっちゃくちゃかっこいいです。

が、あえて60年代に発表されたこのアルバムをレコメンドしたいと思います。

なぜか。

“Soul Folk”と謳っているだけあって、ファンキーというよりはしっかりうたいあげている、という感の強いアルバムなのですが、彼女たちの源流にあると思われるゴスペルにとても近い形をとっているのです。そのぶん、一緒に踊ろうよ、という感じではなくて胸にひしひしと伝わってくるものがあり、感動します。
とくに、Otis Reddingの溜息が出る名曲、Dock of Bayのカバーには超泣かされます。ほんとやばいです。

また感動だけではなく、60年代のサイケデリックな雰囲気をも持っており、ただただ聴いているだけ面白いのです。70年前夜、という意味でウッドストックの雰囲気に近いものがあります。

色々書きましたが、若人よ、これを見よ!
http://www.youtube.com/watch?v=MLhWP3GcH7M
音質悪いですが、彼女たちの魅力に気づいてくれると幸いです。

ZACOにたくさん音源があるので、興味があるかたは聴きにきてくださいねーん(最後は宣伝でした。さよなら!

« 会計の名盤、スルメ盤紹介⑤ | トップページ | 暑いですね »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212778/7008364

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 会計の名盤、スルメ盤紹介⑤ | トップページ | 暑いですね »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

twitter