トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月25日 (日)

ニール大公

2月焼け跡に出演された皆さん、どうもお疲れ様どした。ローリングストーンズの曲のよさと、ピアニカの音に感心しました。

で、私は誰かというと、ヒラヒラ部員のえしろです。部長を半ば脅してブログを書かせてもらっています。

そんなわたくしが大プッシュしたいのは、ニールヤング大公です。

ニールヤング??あぁ、あのはげたおっさん?という人もいれば、
え、っていうか、生きてんの?という人もいれば、
After the Gold Rush最高だよねー、という人もいらっしゃるかと思います。

ニールヤングといえば、名盤といわれるアルバムは数知れず、特に最高の売り上げを記録したHarvestに収録されているHeart of Goldという曲を聴いたことがあるかたは多いかもしれません。

しかし

Neil Young Neil Young

アーティスト:Neil Young
販売元:Reprise
発売日:1990/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

このアルバムを聴いてみてください。

どのアルバムよりも振り切れた、ニールヤングの仄暗いパワーが炸裂しています。
意味不明のインスト1曲目から始まって、ペケペケギターの虚勢に近いロックンロールが続きます。
6曲でぐっと泣かせ、9曲目で聴き手をずどーんと仄暗い海へ突き落とします。
そうです、この9曲目、Last Trip to Tulsaこそがニールヤングの本質であると確信します。
どこまでも同じようなメロディーの繰り返し、かすれたフィルムに浮かび上がる海の風景のような終末観、Tulsaってどこかわからないけどたぶん楽園的なとこなのかしら的な印象。

この曲は淡々としていて、詩の内容も徒然と綴られているだけなのですが、時代が時代、ニールヤング自身がフォークという形態に疑問を抱き、そこから何か始めようとしている力も感じられます。

この仄暗い力は、ほかの曲にも存在します。

例えば、涙を禁じえないAfter the Gold Rushの名曲の数々、友人の死の際に作られた超絶名盤Tonight's the Nightの曲。

仄暗い力が180度反転した反戦ソングRockin' in the Free World、などなど。

ニールヤングは決して西海岸のお気楽なおっさんではないことを、ここで熱弁しておく所存です。

ちなみに、このアルバムは彼のたくさんの名盤を経た後に聴くと、いっそう感動します。

長くなりました。
追伸
このアルバムが好きや、遺言を書かれている元部長に言ったら、自分暗いな~と言われました。
まぁ、そういうことです。

2007年2月24日 (土)

合根

民主主義社会とは、すなわち、多数決の社会であります。多い方が勝ち。少ないほうが負け。それは結局、大多数に受け入れられないような生き方をしていてはダメということなのかと僕は自問しつづけました。ヤツらがはしゃいでいる間ずっとね。僕は無力とか言ってるけど、無力どころか生きている価値すらないんじゃないかとも考えました。ヤツらが**いでいる間ずっとね。

でも、僕は最後まで足掻きます。

The レディハンターズ 1st音源鋭意作成中。

2007年2月23日 (金)

わ~いわ~い

みなさんこんばんわ。塩原の友達、岩出の先輩、部長の後輩、森川です。カタガキは特にないですm(__)m

CDのジャケットの載せ方がわからないので今日は自己紹介程度で。

全然話題に上らないので言う機会がないのですが、最近優香がマイブームです。で、あとさっきグーグルで検索しててリア・ディゾンにもはまりました。いや~やばいやばい。

そんな僕は明後日岩出と一緒にローリング・ストーンズをやります。そういえば、某映画の第3弾にキース・リチャーズが出てるらしいですね。それだけのために映画を見に行こうかと思っている今日この頃です。どーせ、出てても多分2,3分なんですけどね。

2007年2月20日 (火)

元部長の遺言①

どうも、元部長の山内って言いますよ。今はヒラ部員です。初にお目にかかります本日、ご紹介したい作品はこちらです。

夢語り 夢語り

アーティスト:シティ
販売元:Sony Music Direct
発売日:2004/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原題は「The City/Now That Everything's Been Said 」、68年の作品。”Now That Everything's Been Said”、いい文句ですね。
The Cityとは、あの、あのキャロル・キングさんがボーカルとして、友人のダニー・コーチマー、チャールズ・ラーキーと共に結成、この作品一枚のみを残してすぐに解散してしまった夢、まぼろしのようなバンドであります。ゲストドラマーとしてderek and the dominosなどで知られるジム・ゴードンが参加してます。その後の「つづれおり」は、所謂キャロル・キングというひとりの女性の集大成のような、人生経験を結晶させた名曲の並んだ作品。それに対しこの「夢語り」は、気の置けないバンドメンバー達が結託して、キングの楽曲を最高の形と熱のこもったテンションをもってバンドとして仕上げた作品、といった感じです。

とにかくまあ聴いていただきたい。
楽器、歌、メロディ、そして言葉、全部が生っぽく、のびやかに、ゆるやかに、心地よく、素直に伝わってきます。老若男女、すべての時代のすべての人に愛されるバンドサウンド、そんな感じがするんです。瑞々しいキャロルの歌声、軽やかに踊るメロディ、跳ね回るドラム、くすぐったいギター、染み渡るピアノ、誰にでもどんな人にでも響くはず、然してそれは、「彼ら」が作り出した「バンドサウンド」なのであります。それって、何かいいでしょ?

歌モノです、分かりやすいです。しかし、それは肌で伝わってくる演奏、そういうのって今の世の中、すごい新鮮でした。バンドってこういうことだな、いつか自分もこういうバンドが出来たら良いな、いつになってもこういうバンドを見ていたいな、と、そういったことを感じました。

部員の方、そうでない方、どなたにも是非聴いていただきたい。かならず素直に心に響いてくれるはずです。
以上が、元部長からの遺言です。

2007年2月16日 (金)

O.P.King Music O.P.King

アーティスト:O.P.KING
販売元:SE
発売日:2003/07/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 どうもみなさんこんにちは。僕は岩出です。The レディハンターズというバンドでギターボーカルをやっている者です。

 今日、僕が紹介したいアルバムはこれです。思えば去年僕がまだ浪人だったころ、家で合格者一覧の紙が届くのを待っていたときに聞いていたアルバムだったと思います。4曲目『OVER』の“悪いときは過ぎたよ、今からもっとよくなってくんだ”とかいう歌詞が非常に心にしみたのを覚えてます。だいたい奥田民生とYO-KINGとピーズのはるさんが集まったらそりゃかっこいいですよ。そりゃあねぇ。この中のどれか一人でも好きだったら、聞いたらいいじゃないですかー。え? 

 最後に、このアルバムとは全然関係ありませんが、youtubeというサイトで、僕たちのライブ映像が見れるのです。The レディハンターズ で検索してみてください。

2007年2月12日 (月)

会計の名盤、スルメ盤紹介①

どうもこんばんは。京大軽音会計のシオバラと申します。Superfriendsっていうバンドと、The レディハンターズというバンドをやってます。以後お見知りおきを(?)

今回はお気に入りのCDを紹介しようと思います。散々迷ったあげく、買ってからかれこれ4年くらいずっと聞いてるこのCDを紹介することにしました。

Bagsy Me Bagsy Me

アーティスト:The Wannadies
販売元:Indolent
発売日:1999/09/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 えー、これはスウェーデンのバンド、Wannadiesの「Bagsy Me」というアルバムです。もうジャケットからしてなんか良さそうですよね。ドキがムネムネします。内容は完全無欠のギターポップって感じです。天気のいい日はこれ聞きながら自転車に乗ってピューっと買い物にでも行きたくなります。同郷のカーディガンズと比べると、こっちのほうがロックしてたり疾走してたりします。でも、全然飽きないのは、アレンジが凝ってるのと、何よりメロディーが本当にいいからでしょう。

1.曲目のBecauseから 、ヘロヘロのリコーダーが炸裂して、どうしようもなくハッピーな音楽が流れ出します。3曲目のSomeone Somewhere のホーンもいい味出してます。ポップミュージック好きの人がこれを聞いたら、にんまりしてしまうと思います。っていうか大体の人は好きなんじゃないかと思います。

とりあえずおすすめなので聞いてみてください~。巷にあふれてる使い捨てポップの2兆倍はいいと思います。ではまた会いましょう~さようなら~ もしこれを見てる受験生の人がいたら、頑張ってください。

2007年2月 9日 (金)

どうも部長です

おはようございますかつはじめまして、部長のヤスイと申します。書き込みテスト代わりに最近よく聴いているアルバムをご紹介します。

ヘロン&シングル(紙ジャケット仕様) ヘロン&シングル(紙ジャケット仕様)

アーティスト:Heron
販売元:ディウレコード
発売日:2004/07/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する


スタジオを飛び出して青空の下録音されたという作品で(確かに小鳥の声やら聴こえてくる)、内容はすごくオーソドックスなフォークロックなんですが、本当に曲とアレンジが綺麗なんですね。1曲目「Yellow Roses」の、鍵盤とアコギの澄んだ音の美しさに聴きほれた瞬間、もう後戻りは出来ません。なんだかひねくれるのに疲れたときに聴くと本当にホッとします。12曲目の「Sally Goodin」では手拍子しながらみんなで輪唱しているんですが途中で苦笑している様までが録られていてこっちもニコニコしちゃいます。素直かつ素朴で、とてもとてもとても美しい作品。いやぁいいものですよ。こんな風景の中にいてみたいものだ。

2007年2月 4日 (日)

はじめましてこんにちは

どうも、私 京都大学軽音楽部 会計です。

プロフィールにも書きましたが、このブログは、京大軽音に所属する部員の面々たちが交代で音楽に関する話などをつらつらと書いていこう、という趣旨のものです。

気楽に見てもらえたらうれしいです。コメントなども気軽にお書き込みください。

2007年2月 3日 (土)

はじめましてん

てすとてすと

よろしくお願いしまっす。

トップページ | 2007年3月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

twitter